ハードディスク回復はメーカーがベスト!

壊れたパソコンは、やはりハードディスクが原因でした。

一部のデータは壊れる直前にかろうじて取り出せたものの、

まだまだ必要なデータは、ハードディスク内に残っています。

さあて、どうしたものが。。

ということで、まず購入したのは、これ!

タイムリー GROOVY HDDをUSB
SATA接続2.5/3.5/5.25″ドライブ専用 UD-505SA

519zhhvdLGL.jpg

パソコン内臓ハードディスクをUSB接続して、

外付けのハードディスクのように中身が見られるようです。

購入して、さっそく接続してみました。。が。

残念ながら、一瞬ハードディスクを認識しましたが、

すぐに接続が切れて、データにアクセスはできませんでした。

ケーブルの初期不良なのかな?と思って

メーカーサポートに電話してみました。

いろいろと親切に教えてもらいました。

教わった方法のひとつで、ためしに

別のハードディスクを接続してみたところ普通に認識されましたので、

ケーブルでなくハードディスク本体が悪いことが判明しました。

いろいろとネットで調べましたが、症状から考えて

やはり個人で対応できる範囲は超えているようです。

では、ハードディスク回復の良い業者さんはあるかな?!

いくらぐらいするのかな!!?

と思って、いろいろ調べてみました。

まずは、実際に行けるリアル店舗ということで、PCデポに電話してみました。

●PCデポ

PCDEPO.jpg

見積もりに7000円かかる。

データ回復できれば30000円。データ回復できないこともある。

回復できなくても7000円は返金しない。

回復できなかった場合はさらに専門の業者も紹介できる。

ん~。。。。どれくらい回復させる技術があるんだろう?

ちょっと不安ですね。

パソコンクラッシュ前に一度相談しましたが、あんまり対応よくなかったし。

では次に。HDDをUSBにチラシの入っていた会社。

リーガルテックの”DATA119.JP”に電話してみました。

ファイナルデータというデータ回復ソフトを販売したりもしてます。

体験版をダウンロードしてみましたが、

そもそもHD認識しないので、意味ありませんでした。

データ復旧サービス Data119.jp

119jp.jpg

電話相談してみると、

HDDをUSBさんからの紹介なので、

普段は有料で1万円の相談料は無料です。

状況からすると復旧料金は10万円から30万円しますね。

これはデータをお返しする外付けHDDは、別途料金です。

紹介なので、代金は15%割引になります。とのことでした。

?はあっ?て感じですね!!

ネットも調べてみましたが、

企業のデータ回復は、10万~30万~50万円!!

とだいぶ高額なことを言う業者が多いようです。

会社組織だと、そのデータがとても重要!なんてこともあるでしょうからね。

データの重要性を人質に、高額なデータ回復料金をふっかけている様子ですね。

さて、じゃあどこにしよう?

持ち込めるところがいいかな?と思って調べていくと、

車で40分ぐらいの埼玉県鴻巣市に業者さんを見つけました。

●埼玉データ復旧センター
●NPO法人 埼玉パソコン修理隊
●ランサムウェアデータ回復センター

saitama.jpg

3つどころかもっとありますが、会社としては全部一緒です。

金額が明示されているので、好感がもてます。

修理代金はこんな感じ。

軽度なら23000円から、高額なのは165000円ですね。

■ソフトウエア(論理)障害HDDデータ復旧 復旧容量 データリカバリー(復旧)料金
 ソフトウエア(論理軽度)障害 ~2Gb ¥6,000-(転送・メディア代込)
 ソフトウエア(論理軽度)障害 2Gb~無制限 ¥26,000-(転送・メディア代込)
■ハードウエア(物理)障害HDDデータ復旧 復旧容量 データリカバリー(復旧)料金
 軽度物理障害(未開封) 無制限 ~¥23,000-(転送・メディア代込)
 中度物理障害(未開封) 無制限 ~¥50,000-(転送・メディア代込)
 中度物理障害(未開封・基板損傷) 無制限 ¥51,000-(部品・転送・メディア代込)
 重度物理障害(開封・ヘッド吸着) 無制限 ¥55,000-(転送・メディア代込)
 重度物理障害(開封・ヘッドクラッシュ)  無制限 ¥75,000-(部品・転送・メディア代込)
 重度物理障害(開封・ヘッド吸着・ヘッドクラッシュ) 無制限 ¥110,000-(部品・転送・メディア代込)
 重度物理障害(開封・s/m軸損傷) 無制限 ¥165,000-(部品・転送・メディア代込)

電話で問い合わせしてみたところ、

症状としては重度物理障害だというので、55000~165000円というところでしょうか。

近いので直接持っていっていいかと尋ねましたが、

作業するクリーンルームのある施設は住所とは別の場所にあるとのこと。

場所は秘密なんだそうな。そんななの?

見積りは無料だし、悪くないかな?とも思ったけれども、

もっと探してみることに。。

故障したハードディスクは、Seagateというメーカーでした。

あまりたくさんは出てきませんでしたが、

どうもメーカーで修理ができるようなのです。

もともとは自分でハードディスク修理できるかな?と思ったサイトからの情報です。

素人でもできるHDDの修理と復旧方法

専門業者に依頼する

seagateにHDDの復旧を頼んでみた

物理障害を起こした HDD からデータの完全復旧を確認、Seagate やるじゃない!

HDDのデータ復旧をオランダのseageateラボに依頼した話

●Seagate ラボ内 データリカバリーサービス

seagatehp.jpg

申し込みページこちら。英語なのです。

復元できない場合は料金をいただきません。とのこと。

料金 データをネットから受け取る $550  データをHDDで受け取る $650

追加料金 なし!!

日本国内。電話問い合わせ。 0120-993-280
         日本語  月曜日-金曜日 午前9時〜午後6時

いやあ。いいじゃん!!これ!!

メーカーがデータ復旧するなら、一番安心だし。料金も一律で追加料金もなし!!

以前は直接オランダに発送していたようですが、現在は東京に送ればいいとのこと。

(2018年2月に電話連絡して確認済み)

というわけで、早速申し込みしてみました!!

が。

何か入力が間違ってしまったようで、こんな画面が。。。!!?

seagatekie.jpg

Seagateに問い合わせして!ということなので、

週明けに日本語の電話連絡で問い合わせしてみます。

データ回復の時間は2週間~1ヶ月ぐらいかかることもあるようですが、

仕事はできる状態になっていますので、のんびり確実にデータ回復してもらいましょう!

というわけで、Seagateのハードディスクのデータ回復は、メーカーが一番!!という結論でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。