不動産投資のヒント

仲間内のバイク仲間でいくツーリングの幹事になったので、

いろいろとどこにいこうか検討中です。けっこう楽しい。(^^)

さて。不動産屋をしよう!!と決意したので、

いろいろな方にお話を聞きたい!!というわけで、

せっかくなので、専門のプロの方にもお話を聞いてみたい!

と地元の商工会の方に相談しました。

あ。うちはもともとリアル店舗だったこともあって、商工会には加入しております。

すると、商工会の方から、”技術・技能等指導”を受けてみてはどうか?

ということで、まあどうなるかわかりませんが、

「不動産屋やるのにどうやったら儲かるの!?適当な方、相談に乗って」

という旨の申込書を書いて提出しました。

すると。

自分でも不動産の会社を経営している中小企業診断士の方!

という、相談するのにぴったりの方とお話ができることになりまして。

先日。お話してきました。

いろいろと参考になるお話が聞けたので、

備忘録ついでに内容を書いておきます。

話をしながら、こちらの要望を整理してみると。

●年収を1000万円ほどにしたい。

●従業員は雇わない。

●ひとりで売買メインの不動産屋をやったらどうかと考えている。

それに対して回答は。こんな感じ。アドバイス等も。

●客相手の不動産屋は、接客・物件案内など、いろいろと無駄な時間がかかる。

●効率よく収入を増やすなら、現在の貸家を増やすほうがよい。

●貸家業はいわば、不動産という資産を運用しているということだ。

 うちで言えば、約5000万円の不動産資産を運用している。これが一番効率がよい。

不動産で稼ぐ方法の一部として。こんな方法もある。

●購入する物件などがあっても、自分は話だけつけておいて、実務は不動産屋にまかせる。

不動産屋は売買仲介をさせて、稼がせて、情報をこちらにもってくるように教育する。

(外注の社員みたいなイメージか?これなら雇用する必要はないよね。)

●不動産を手放す可能性のある人の情報を収集する方法。

法務局で、不動産登記受付帳を見せてもらい、

その情報から登記簿に消費者金融などから抵当がついた物件を探す。

その中から、さりげなくアプローチして、物件売却など債務整理の相談を受ける。

物件入手。アパート入居などいろいろな可能性がある。

不動産登記受付帳【処分の制限に関する登記】物上げ方法

●土地が安く入手できたら。ケイアイなどに建物を建ててもらい、新築建売として売却。

●土地分譲している場合、銀行融資などの関係で約2年で業者は売却したい。

売れ残りを安く買い叩いて、ゆっくり普通の値段で売却。

●新築建売も同様。売れ残った建売を購入して、貸家として運用。

あとで入居者が購入希望してくることもある。

●物件が30ぐらいあれば、債務整理など必要な”腐っている”物件は1つぐらいある。

●これから外国人入居の需要は確実に増える。

●工場の技能実習の組合などと情報を共有する

●物件を購入する資金を調達するために、3箇所ぐらい信用金庫と関係をつくる。

一度借りると、またすぐに借りることができないので、複数の信用金庫。

あらかじめ貯金するなどする際、資金調達したい旨を伝えておく。

こんな感じでしょうか。

話を聞いていてもわかるとおり、この人はやり手でしたね。

すごかったです。しかも5つ年下。40歳。

いやあ。くるくる店長も、のんびりしている場合じゃないわ。

きっちりがんばっていきますよ!

4 thoughts on “不動産投資のヒント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    くるくる千代田さんに刺激されて、おかげで私も今月末に大家さんになる事になります、ありがとうございました😊

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >まっちゃんさん

    おお!すごいですね!
    行動力がすばらしいです。
    おめでとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。