大手古書店の高原書店が破産してた。

明日から三連休ですね。

天気がいまいちそうなので、ちょっと残念ですね。

最近は、だんだん本が売れなくなってきている気がします。

郵便局の横暴な値上げやサービス悪化なども理由のひとつですね。

メルカリの台頭などもあると思いますが、

そもそも送料負担が大きくなり、

ネットで買う本が割高に感じるようになりましたね。

ブックオフは何十年前の本でも、ドラマ化アニメ化となると

ほとんど定価同様の価格で本を販売しています。

別にそんなに高いなら買わなくていいかな。。?と、

私自身も思いますね。

たまたまネットを見ていたら、衝撃的なニュースを見つけました。

大手の古書店である高原書店が

負債1億2千万円で今年の5月に倒産していました。

小説家の三浦しをん氏がアルバイトをしていた高原書店、破産

当店では古本を出品する際、

アマゾンや日本の古本屋で価格を調査した上で

ヤフオクに出品しています。

その際、よく見かけた書店名がこの高原書店でした。

記事を見ると、在庫は200万冊以上とのことで、

当店の約100倍の規模ですね。すごいですね。

それでも、多店舗展開の際の負債の負担が大きくてと記事にありますね。

うちは借金ありませんので、のんきなものですが、

古本屋でも規模が大きいと大変ですね。

まあ規模が小さくても売上げ確保できなければ大変ですし。

一長一短でしょうけれども。

これからもっと。閉店・倒産する古本屋が増えてくるのかもしれませんね。

以前に比べれば儲からなくなったし。

うちも少しずつ準備して、廃業するのも手かもしれませんね。

不動産屋も始めることですし。

こまごまと数百円の本を売り続けるよりも、いいのかもしれません。

まあ貧乏性で、なんでももったいないと思ってしまうので、

出品している在庫データとか。未出品在庫とか。

考えると簡単に廃業もしないとは思いますけどね。

検討の価値はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。