幻のSF小説!?●三代の科学●富塚清●弘学社●

ヤフオクに本を出品するのに、価格をあちこちで調べます。

基本はアマゾンと日本の古本屋。

コミックや全集などのセットなどはヤフオクで調べることもあります。

そしてたまに。どこにも価格が出ていない本って、あるんですよね!

先日。どこにもなかった本がありました。それがこれ!

●三代の科学●富塚清●弘学社●昭和20年●古典SF小説●稀少●

DSCN8681.jpg

昭和20年の本なので、まあたくさんはないかもですが。。

本当に何も参考となる価格がわからなければ、

大きさと古さと雰囲気とくるくるの適当な古本屋のカンで!

高くても2000~5000円ぐらい。最大でも1万円ぐらいの価格をつけたと思います。

さて、アマゾンにも、日本の古本屋にも、もちろんヤフオクにも出品ありませんので、

グーグルで調べるわけです。

本によっては国立図書館のみ在庫。。みたいな本もわりとあります。

さて、どこにも売ってませんでしたが、見つけた記事がこれでした。

北原尚彦「『醗酵人間』以上の価値があるレア本『三代の科学』」――SF奇書天外REACT【第22回】

この記事のなかに。

古典SF研究の草分け的存在である横田順彌氏が

「『醗酵人間』に『改造人間』を付けるから、その二冊とこの『三代の科学』、交換してくれないかなあ」

と言ったというほどの本だというのである!!

『醗酵人間』と『改造人間』も相当稀少な本らしい。

記事中には醗酵人間が何十万円で売っていたとの記載もある!

さあて。。。。どうしたものか。。(^^;)

醗酵人間は、こんな記事を見つけました。

ヤフオクで40万円!『醗酵人間』の魅力とは?

醗酵人間が40万円なら、三代の科学はもっと上なのか?!

とか思いながらつけた価格は20万円スタートでした!

さて、どうなるでしょう!三代の科学!!

これから年末でボーナス時期になるので!買ってくれる人が出るとうれしいな!

ついでに、競りあがってくれると、もっとうれしい!!(^^)

●三代の科学●富塚清●弘学社●昭和20年●古典SF小説●稀少●

期待して待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。