裁判はじめました

さて、本日!

●●簡易裁判所に、建物明渡等訴訟の訴状を提出してきました!!

不動産投資の本では、裁判の種類は、

支払い催促だの、小額訴訟だのといろいろとあってどれにするか迷ってしまいますが、

参考にしている方によると、調停と訴訟で十分らしいです!

今回は、私の知りうる限りでも、家賃滞納で追い出されるのが4回目!

という、プロの家賃滞納者なので、話し合いの調停ではなく、

訴訟でいくことになりました!

訴訟の費用は、実はお安めなのです。

貸している建物の不動産評価額が約120万円なのですが、

1/2の0.01%ということで、6000円。収入印紙で払います。

被告に郵便物などを送るのに、切手が6000円必要です。被告1名の場合。

郵便局で切手っぽいものを1万2千円も買うのは初めてなので、

ちょっとドキドキでした。

必要書類をすべて揃えて、裁判所の受付に提出。

20分ほどかけて、内容や資料に不備がないか確認していただき、

無事に訴状の提出終了しました!

本日受付で、明日、裁判官と書記官の方に訴状が渡るそうです。

電話で、内容などの質問などがあり、第1回の裁判の日を決めます。

。。。。はじまってきた気がしますね!

さて、この先どうなっていくでしょうね?!

あまり詳しいことも書けませんが。よろしくお付き合いください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。