貸家下水道工事完了!!

ここ1ヶ月の懸案だった、貸家の下水道工事がやっと終わりました!!

(^^)/

年度末だったため、なかなか工事屋さんの予定がつかず、

ながいことかかってしまいましたよ。

2月中旬に貸家を借りる方が決まって、住み始めたのですが、

2月末に、一度トイレが詰まりました。

原因はわかりませんでしたが、とりあえず詰まりをとって様子をみることに。

するとまた2週間後にも詰まってしまいました。

水道屋さんに見てもらうと、

どうも下水管の一部が逆勾配になってしまっていて、

水がたまってしまっているとのこと。

原因は。。。多分、駐車場のコンクリートの重さで、

地下の下水管が押されて沈んでしまったのではないかと。

で、工事をお願いしたのですが、2週間後のはずが、

結局1ヵ月後の先日9日にやっと工事でした。

というわけで、工事開始です!

下水配管の上のコンクリートをコンクリートカッターで切ります。

DSCN6562.jpg

コンクリートドリルで、こまかく割ります。

DSCN6563.jpg

コンクリートの下は石と土なので、スコップなどで下水管を掘り起こします。

DSCN6565.jpg

コンクリの重みで曲がってしまった古い下水管を撤去します。

新しい管をレベルを出しながら設置して、土を埋め戻します。

DSCN6580.jpg

借主さんと話し合いの末、車を置くところまではコンクリートを打設することに。

インスタントモルタル(砂入りセメント)を水を入れてこねます。

DSCN6588.jpg

スコップで置き、コテでならしていきます。

DSCN6589.jpg

できあがり!!(^^)/

DSCN6592.jpg

今回、コンクリートカッターがなかったので、

下水配管交換はプロにおねがいしました。

下水管交換の距離もなんとか思ったほどは長くなかったので、

2人で1日で交換まで終わりました。私も手伝いましたが。

ざっと工事費用4万円。

コンクリート打設は、自分でやりました。

全部業者さんにおまかせでもいいのですが、

くるくる店長は、昔は工場のメンテナンス係でしたので、

道具さえあれば、わりといろいろとできるので、

今回自分も手伝うことで、工事費用を抑えてみました!

結構たのしいんですよ。作業って。

プロの仕事も見て、方法も覚えられるし。

またDIY大家さんの腕を少し上げましたよ!

懸案事項がやっと終わりましたので!

気持ち的に、ちょっとほっとしましたね!!

 (^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。