高値出品症候群

とある友人のお話です。

タダ同然で仕入れた大正時代の自己啓発本。

アマゾンのカタログにはなく、日本の古本屋では出品が1つだけ。数万円だったそうです。

自己啓発系は、自分でも興味があるし、読んでみたいので、

当面売れないように、ヤフオクで5万円で出品したんだそうです!

そしたら!出品数週間で落札されてしまったのでした。

     (^^;)

本人、うれしいような、かなしいような。。。。

さて、その話を聞いてしまってから!!

当店でも、アマゾンのカタログにない本は結構あります。

日本の古本屋でも出品がなく、グーグルで検索すると図書館の蔵書しかない!なんて本もあります。

今までは、割と安めに値付けして、落札を待ったものですが。。。。

。。。。。。。。。。最近、根付けがなんとなく高くなってきてしまいました。。。

       (^^;)

多分、無意識のうちに?!その話が影響しているに違いありません!!?

そんなこと、なかなかないのにね。

困ったものです。

さて、同業者の方に質問です!!

アマゾンカタログ無し。日本の古本屋で1件のみ価格1万円の本を、

ヤフオクで、いくらで出品しますか???

高くつけますか?安くつけますか?

当店だったら。。。。1万5千円~2万円ぐらいですね。

いつか落札されることを夢見て。。。気長に待ちます。

鳴くまで待とうほととぎすです。

気長に待っている商品が山のようにありますけどね。(^^;)

在庫整理をほとんどせず、現在出品1万3千点ですからね~!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。