「古本業界」カテゴリーアーカイブ

大手古書店の高原書店が破産してた。

明日から三連休ですね。

天気がいまいちそうなので、ちょっと残念ですね。

最近は、だんだん本が売れなくなってきている気がします。

郵便局の横暴な値上げやサービス悪化なども理由のひとつですね。

メルカリの台頭などもあると思いますが、

そもそも送料負担が大きくなり、

ネットで買う本が割高に感じるようになりましたね。

ブックオフは何十年前の本でも、ドラマ化アニメ化となると

ほとんど定価同様の価格で本を販売しています。

別にそんなに高いなら買わなくていいかな。。?と、

私自身も思いますね。

たまたまネットを見ていたら、衝撃的なニュースを見つけました。

大手の古書店である高原書店が

負債1億2千万円で今年の5月に倒産していました。

小説家の三浦しをん氏がアルバイトをしていた高原書店、破産

当店では古本を出品する際、

アマゾンや日本の古本屋で価格を調査した上で

ヤフオクに出品しています。

その際、よく見かけた書店名がこの高原書店でした。

記事を見ると、在庫は200万冊以上とのことで、

当店の約100倍の規模ですね。すごいですね。

それでも、多店舗展開の際の負債の負担が大きくてと記事にありますね。

うちは借金ありませんので、のんきなものですが、

古本屋でも規模が大きいと大変ですね。

まあ規模が小さくても売上げ確保できなければ大変ですし。

一長一短でしょうけれども。

これからもっと。閉店・倒産する古本屋が増えてくるのかもしれませんね。

以前に比べれば儲からなくなったし。

うちも少しずつ準備して、廃業するのも手かもしれませんね。

不動産屋も始めることですし。

こまごまと数百円の本を売り続けるよりも、いいのかもしれません。

まあ貧乏性で、なんでももったいないと思ってしまうので、

出品している在庫データとか。未出品在庫とか。

考えると簡単に廃業もしないとは思いますけどね。

検討の価値はあると思います。

先人の知恵か老害か。

先日行った健康診断の結果。肝臓の数値が悪かったようです。

脂肪肝だと思われます。

そろそろ本格的に痩せないとイケマセンネエ。

さて。先日。

本の買取依頼がありましたので、行ってきました。

相手は、くるくる店長よりもはるかに本の知識のある方。

まあ、そんなところもあるので、査定価格は多少色をつけて、

現在の買取査定額としては、高めの値段をつけました。

でも、まあ。

売る本人としては、不服のようで、●●円にならないか!!?(約3割アップ)

と言われたのですが、「難しいです。」ということで、

最初の査定価格でなんとか納得していただきました。

当店の場合は、ヤフオクで本を売っていますが、

私が商売を始めたころとは、ずいぶんと状況が変わりました。

最近は、厚い本、大型本や全集などのかさばる本は、極端に価格が下がっていますね。

例えば。柳田國男集 ヤフオク落札相場検索結果

下は2700円から。上は12000円ぐらいですかね。

新装版はちょっと高くて18000円で落札されてますね。

過去の当店での落札価格を見ると。

2012年には、約30000円で、落札されてますね。

30000円で売れた本と、12000円。もしくは2700円で売れた本。

当然、査定価格も変わりますよね。

だから、昔の価格を知っている人は、今の流通価格を見ると驚愕しますよね。

査定価格に不満を言ってしまうのも、わかりますね。

ただし。その、今の事情を説明して、理解してくれる方はいいですが、

理解していただけない人だと。とても困ってしまいますね。

この本は価値があるんだから、もっといい査定しろよ!

なんでそんなに安いんだよ!とか。

長く古本業界のことを知っているのだから、うやまう気持ちもありますが、

昔のことだけしかわからず、現在の状況を理解できずにいる人を見ると、

これは老害と言われても仕方ないよなあ。とか思ってしまいます。

まだ買取のお客なら、その場だけだから、まだいいですが。

定期的につきあいのある方が、そんなだと、対応が大変ですよね。

そうならないことを祈るのみです。

組合は誰のものか?

年度末ですね!

ドラマやアニメが終了したり、新しい情報が出てきたりと!

なかなか情報が楽しいです。

まずは。

祝!!ハイスコアガール2期!!決定!!

ゾンビランドサガ!TAFF2019受賞記念!

AbemaTVにて、ゾンビランドサガを全12話一挙放送!

あと1週間。無料で見れます!!

途中まで見てみましたが、面白いです!さすが2018秋覇権アニメ!!

https://abema.tv/video/title/168-7

さて、本題。

先日、当店も在庫倉庫効率化計画を発表しました。

簡単に言えば、しばらく本の仕入れは控えて、倉庫を整理しよう!

という計画なわけです。

で、本の仕入れは、古書組合の交換会でやっています。

さて、現在。

先輩古書店さんが高齢などの理由で廃業する人が増えてきています。

そのため、交換会にも参加する人数も減ってきています。

出品する本、落札される本も相対的に減ってきています。

そこで、さて。どうしたもんだろう?ということです。

本を売る人、買う人がともに減っているなら、

交換会は少なくする方向でいいんじゃないだろうか?

無理矢理、本を出品してもらって、

あまり買いたいとは思っていなくても、買わせることにすれば、

売上げは確保できて、交換会は維持できるとは思いますが。

でも、誰がそれを望んでいるんだろう?

無理矢理本を出品する方も、買いたくないけど買わされるほうも、

どちらもうれしくないのでは?!

いったい誰のための交換会なんだろうか?

本を出品したい人、買いたい人。もしどちらもいないのであれば、

交換会回数を少なくするなり、お休みする方向で良いのではないかな?

とか思います。

利用したい人がいるから、交換会をする。

利用したい人がいないのであれば、お休みする。

残念なことではありますが、自然なことだとは思います。

さあて。実際には、自分でどうこうできる問題でもありませんが。

この先、どうなっていくのですかね?

時代はまわっていきますねえ。

そして誰もいなくなった?

結局、先日検討していた中古のコイン精米機は、

なかなか条件のいい置く場所が見つからなかったため、

購入を見送りました。

よっぽど立地がよくないと、中古でお客を呼べるとは思えなかったので。

さて先日、近所のブックオフも閉店となり、

古本業界はいろいろと曲がり角にきているなあと実感しますが、

実感することがもうひとつ。

古本屋でブログを書いている方が、めっきり減りました。

うちのホームページからリンクのある方だと。

なんといっても、名古屋のエーブックさん。

3月にこのブログは休んでみるとのことで、日記の更新がなくなりました。

あとは、リンク上では”渋谷書店”となっていますが、エコブックスさん。

こちらも、まる2ヶ月。更新がありませんね。

そして、ブックオフせどりさん。

こちらは一応5月に更新がありましたが、日記ではなくなっており。

普通の日記としては、2月以降更新がない状態です。

やっぱりみなさん、苦しいんでしょうかね?

もしくは。

以前はせどりが大ブームでしたが、それも完全に終わりました。

読者がいなくなると

やっぱり書くモチベーションがあがらないのかもしれませんね。

当店の場合は!

自分の記録としてもブログを利用していますので、

細々と続けていくつもりですが、

まわりがいなくなっちゃうのは、寂しいですねえ。

まあ

のんびり!気負わず!がんばりまうす。

余裕がないとできない

甲子園も今日が決勝戦!

夏休みもさすがに終わりですね。花咲徳栄。勝つかな。!?

くるくるは、古本屋さんの組合に加入しています。

組合に入ると、いろいろと仕事があったりします。

たとえば。

各地区の全員への連絡係だったり、古本市場でのお手伝いだったり。

くるくるは組合入会から10年目!(2006年11月加入)

中堅の位置にありますので、それなりにお仕事があります。

こういうお仕事って、結構ありますよね。

例えば、住んでる場所の自治会の役員とか。学校のPTAの役員とか!

別に役員でなくても、資源ごみの立会い当番とかね。

こういう仕事って、本業でちゃんと儲かってないと!

なかなかできないものかもしれないですね。

会社勤めの人なら、安定しているし、有給もあるし!

時々仕事を依頼されても、別に対応できますよね。

ところが。

自営業者って、規模で言えば零細企業以下です。

もちろん、うまく儲かっている人もいれば、そうでない人もいます。

普通に儲かっていれば、別に自分のお仕事以外のお手伝いもできますね。

特に気になることはありません。

でももし、儲かっていなかったら。。。!!?

気持ち的にそれどころじゃないですよね?

組合の仕事!!?PTAの仕事!!?

そんなのやってられないよ!!

自分の事業をがんばるのに精一杯だよ!!

なんて人は、ボランティアの仕事をやる余裕はないですね。

うちは、ボランティアをやる余裕があるって。ありがたいなあ。。

と思うと同時に。

余裕のある自営業の仲間が増えたらいいな。。と思います。

先日来た古書組合の月報に、

若手の組合員でも半分は経営が苦しいようなことが書いてありました。

7年ぐらい前は、若手はみな儲かっていたような気がするのですが。。

時代は変わってきてますね。

当時儲かっていたのは、その人の経営センスではなく、時代に合っていたから。

バブル真っ只中の時は、儲かっている人がたくさんいましたね。

時代の波に乗っていたからです。経営の天才だったからではありません。

ネット古本屋も、これからが経営者の本領発揮でしょうね。

運のない人。経営センスのない人は、もう儲からないのではないでしょうか?

逆に経営センスのある人は、もう古本屋はやめちゃうかもしれませんね。

楽に儲かる時代は終わったから。

ちなみにくるくるは。

おかげさまで不動産投資もそこそこ順調なので!

古本屋はいつやめてもいいと思ってます。

たまたまやっているのがヤフオクなので、

アマゾンメインの人よりもだいぶ経営状態はいいですけどね。

6月にゆうめーるの値上げなんかもあって、

アマゾンの人は儲けを出すのが大変。。。?になっていないのかな?

今まで儲かっていたから、今後も儲かるなんてことはありません。

ラプラスの悪魔(参照wiki)のように。天才だったら!?

この先どうなっていくのか!わかって面白いだろうなあ。

少なくとも、自分の考えを現実世界にゴリ押しするのでなく、

冷静に見極めていけたらなと思います。

なんかダラダラと長くなっちゃった。(^^;)

最近、斉藤一人さんを読み返しました。

良きことがなだれのごとくおきますように。

古本の価格の下落と、これから高く売れる本?!

先日の日記で、ちょっと本の価値について触れたので、

ついでに、今考えていることを書いておきます。

むかしむかし。

まだブックオフもそれほどたくさん店舗がなかった頃は。

個人の古本屋さんには、大変お客さんが入っていました。

そこでは古本の価格は、とても高かったです。

ネットのなかった当時、探している本に出会うのはとても大変でした。

古本価格が少し高いな。。と思っても、

そこで入手しなかったら、今後手に入るかどうかわかりません。

欲しかったら、買うしかありません。

ところが。

ネットで古本を販売することが、だんだんと普及してきました。

新品の本しか売っていなかったアマゾンが、古本を取り扱うようになりました。

ヤフオクも古本を売る人が出てきました

最初のころは、それでも出品されている本が少なかったので、

以前プレミア価格のついた本が多数ありました。

そして。

せどりがブームとなり、ネット上で購入できる古本が飛躍的に増えました。

アマゾンやグーグルで検索すれば、

以前は入手が難しかった本が、入手できることが多くなりました。

そして、価格競争でプレミア価格のついた古本は減り、

普通の価格で入手できることが多くなりました。

たとえば。

昔は映画のパンフレットは、

お店をめぐって自分の欲しいものを見つけることは難しかったので、

結構高価でした。500円。1000円。数千円なんてものもありました。

ネット全盛の今となっては、それほど珍しいパンフレットなんてあまりありません。

今は、ヤフオクで100円でも買い手がつきません。

さて、そんな中。逆に高く売れる本があります。

もちろんネット上での話です。

まず。ブックオフでは取り扱っていません。持ち込んだら廃棄されます。

個人の古本屋や、古本の催事で、安く売られています。

でも、ネットでは高く売れます。

売れる頻度は少ないですけどね。

こんな本たちです。

1IMG_0152.jpg

古くてボロボロの本たちです。(写真のビックリマンは除く)

催事なら300円均一とかで売られています。

実際に写真の古本にも、どこかの古本の催事で売られていたのでしょう。

●▲書店 300円という値札がついています。

催事の売れ残りを、古本の交換会(市場)にもってきて処分したんでしょうね。

ヤフオクに出品する際には、ほとんどが数千円以上の値段をつけられます。

価格競争ないからね。

アマゾンで売っている人が数人とか、0とか。

本によっては、

グーグルで検索してもネット上で販売しているものが見つかりません。

国会図書館の蔵書リストなどが上位に検索されていたりします。

売れる頻度は少ないですが、少ない手間で効率よく売り上げが上がります。

さて!なぜこの本が、リアル店舗や催事では安いのか!?

理由は簡単!!売れないからです!

ネット販売が普及する前は、

それほど珍しくない本でも探すのが大変でした。

もっと珍しい本は、とてもじゃないが探せなかったのです。

売れないから値段を下げる。

なので個人の古本屋では、こういう古い本は安くたたき売ったのです。

その延長で、今でも安く入手できます。

ところが、ネット全盛の今!

こんな本でも、探している人がネット上にひとりでもいれば、売れるんです!

もちろん珍しい本ですから、欲しい人は高くても買います。

というか、高くて当たり前なんです。珍しいんですから。

というわけで、これからは!

普通に入手できない古い本!を取り扱うのがいいのでは!!!

と、くるくる店長は考えているのでした。(^^)

実際に掘り出しモノショップくるくるでは、たくさん出品しています。

先日売れた古い本。

●漢楚軍談●全●絵本通俗●森仙吉翻刻●鶴声社他●明治19年●即
5000円。

●幾何根底500題●全問精解●笹部貞市郎●聖文社S30●数学幾何学証明問題軌跡作図題立体幾何●即決
4500円。

●平野雑筆●森田恒友●古今書院●昭和9年●即決
2100円。

ちなみに状態の悪い古い本なので!

写真付きのヤフオクのほうが購入者が買いやすいと思ってます。(^^)

いつネット古本屋が立ち行かなくなってもおかしくない

最近なにやらあちこちで、古本が売れなくなった!?と聞きます。

うちは、もともとそれほど売れていないので!?あんまり気がつかないですが、

たくさん販売しているところは、そんなこともあるでしょうね!

以前にこんな記事を書きました。もう6年前ですね!

くるくる営業日記 人生を”上がる”ために?

このなかでも、すでにこんなことを言っています。

「古本屋は商売として生計をたてて、やっていけなくなっているかもしれません。」

もともと、なんでもそうですが、ずっと右肩上がり!!なんてことはないですからね。

ネット古本屋という商売も、すでに15年?もっとかな?経過していますよね!

くるくるも商売を始める前に読んだ北尾トロさんの本!

「ぼくはオンライン古本屋のおやじさん」が出版されたのが2000年なので、

少なくとも16年以上ですね!

ビジネスの成長曲線って一般によく言われます。

img_poduct_lifecycle.gif

ビジネスには、導入期・成長期・成熟期・衰退期という段階があるよ!

というお話ですね!

古書業界も、もうすでに成熟期を経て、衰退期に入っているのではないですかね?

自分の努力でなんとかなるものと、ならないものがあります。

以前ならこれくらいの努力で、このぐらい売り上げがあった!

それが、同じ努力でも売り上げは伸びなかったり。。。!!

くるくるは本田健さんの教材で学びましたが、

時代の波に逆らってビジネスすると大変です。

努力しても努力しても成果はなかなか出ません。

くるくるもネット古本屋を始めたときに、

このままずっと、ネットで本が売れる状況が続くとは限らないので、

5年以内には、古本が売れなくなっても大丈夫なように別のビジネスをしよう!

と思って始めたのが不動産投資でした。(^^)

おかげさまで、現在入居率が落ちてはいますが!

それでも毎月30万円以上の家賃収入があります。

古本屋さんの売り上げがゼロになっても、なんとかやっていけます。

変化に対応できる人が、生き残ります。

今までのやり方に固執していたら、立ち行かなくなることもあると思います。

毎日毎日目の前の仕事だけをやっていくのではなくて、

今後のことも考えながら、行動していくことも大事だと思います。

くるくるは現在アフィリエイトを勉強しています。ここですね。AMC(アフィリエイトマスター講座)

約1年も勉強しているのに、まだまだ成果が出ていませんが。。。!(^^;)

結果を出している方もたくさんいるし、仲間もできるし、とても満足してます。

こうやって、別のことにチャレンジすることも大事なのかな。。!?と思います。

古本屋も不動産投資も!始めたときは、うまくいくとは限らなかったですが、

ありがたいことに、ちゃんとそれなりの結果が出ました!

まだ結果の出ていないアフィリエイトも1年後には大成功していることだってありえます。

柔軟に!!竹のようにしなやかに!!今後もやっていきたいと思います!(^^)

あなたも是非!!

http://eirakudoki.xyz/

売り上げなんていらない!?

いやあすっかり更新してませんでした。(^^;)

アフィリエイトでサイト作ったり、出かけたり、花火見たり、遊んだり、

おいしいものを食べたり、と。忙しかったんですよ!!?

ちゃんと日記書かないといけないですよね!

すでに「せどり」は終わっていると思うのですが、

ネット古本屋さんのほうも、必ずしも楽ではないようです。

うちは大丈夫ですが、人によっては大丈夫ではない人もいるようです。

ちゃんと経営感覚って、大事ですね!

ちゃんとこの業界で、この形態でやっていけるかどうか。の判断。できます?!

もっと具体的に言えば、本のネット販売で、

売る場所はどこ? アマゾン?ヤフオク?自前のサイト?古書市場?

売る本は主になに? 新しい本?古い本?専門書?

売る価格帯はどこ? 高い本?安い本?

売る形態はどう? 回転率重視?利益重視?専門性重視?

仕入れる方法は? 自前で買取?古書市場で仕入れ?せどり?

規模はどれくらい? ひとりでやる?パートさんを数人?数十人?正社員とか雇っちゃう?

儲かっている古本屋がいるからって、別の古本屋も必ず儲かるわけではないですね。

ネット古本屋さんって、本当に100人いると100人が別のやり方をやっている感じなのです。

やり方が悪ければ、利益だせずに廃業!なんてことも十分ありますね。

さて。経営のひとつの目安として、ROIというものがあります。

投資対効果というもので、簡単に言えば、儲けるのにいくらかかったか?の指標です。

おととしのネット古本屋くるくるの実績で計算してみると。。。

売上高 562万円。 売上原価・経費 239万円。 利益 323万円。 (562=239+323)

利益323万円を稼ぐのに、かかった費用が239万円ですので、

323/239 = 135%  というROIになります。

つまり。10000円経費をかけると、13500円の利益がでるわけです。

計算がしやすいので、売上高に目がいってしまいますが、

売上高よりも利益を気にして商売をしたいですね!(^^)

特に利益率の高い古本業界などは、

売上高よりもいかに経費をかけないか・利益を出すかのほうが大事です。

古本屋くるくるも今度の10月でお店を始めてから、まる9年になります。

利益をきちんと出すことをちゃんと気にして、

のんびり続けていきたいですね!(^^)

オンデマンドの脅威。

そういえば!

古本関係のニュースがありましたね!

国立国会図書館の古書、Amazon.co.jpでオンデマンド出版として販売開始

ちょっと前に、

国会図書館の本がデータになって

全国の図書館で閲覧可能というニュースもありましたが、

今回は、それを本のかたちで買えるというもの!

オンデマンド出版というそうです。

注文されたら印刷製本する感じでしょうか。

当店の場合は、昭和30年代20年代などから明治大正の本も

販売しております。

そのなかには、検索すると国会図書館にしかない本なども結構あります。

もちろん、そういう本は高額なわけですが。

このサービスが広がると。。。古書の販売価格が下がる!?でしょうね。

世の中、初版本とか当時モノにこだわる方もいますが、

読めればいいという人もたくさんいますからね。

ちなみに第一弾として、購入できるようになったこの本。2324円で買えます。

吾輩ハ鼠デアル : 滑稽写生 影法師 著1907年刊 2,324円

これの原本が、日本の古本屋では、なんと10万円なのです。

滑稽写生吾輩ハ鼠デアル 影法師 明40 東京大学館初版 105,000円

内容がわかればいい方も、ちょっとお金はあまりかけられないなって方も。

オンデマンドの方を買うでしょうね。

あたらしめの本は、電子書籍。古い本はオンデマンド出版。

古書販売をめぐる環境はどんどん変わっていきますね。

さてさて。どうなっていくんでしょうね?

●群馬県庁にて古本まつりが開催されます●

古本まつり

     時代を超えて受け継がれてゆく
       文化があります。

第六回 上州・大古本まつり

 会期 2013年3月14日(木)~3月18日(月)
  会  場 群馬県庁県民ホール
  開場時間 午前10時~午後7時
(駐車場)県庁の県民駐車場を2時間未満まで無料でご利用いただけます。

参加店  いいだや書店   くるくる
     書肆画廊奈良書店 大閑堂書店
     大成堂書店    永井屋
     福地書店     ふじみ書房
     みやま書店    山猫館書房
     雄文堂書店   (五十音順)

   主催 群馬県古書籍商組合
   後援 群馬県教育委員会 

お問い合わせ先 大閑堂書店 TEL 027-232-2759
   〒371-0035 前橋市岩神町 3-3-22